薄毛の定義

薄毛と良く言いますが、定義はどのようなものでしょうか。
薄毛とは髪の毛の量が減って地肌が見えてしまう状態のことです。
日本人男性の3人に1人が薄毛に悩んでいるといわれています。
最近は、薄毛を気にする女性も増えています。

薄毛は髪の毛の成長サイクルの異常が引き起こします。
髪の毛が生えて成長して抜けるというサイクルがあります。
薄毛の場合には、この髪の毛の成長が十分に行われないままで抜けてしまい、残っている髪の毛が成長が不十分で細く短い髪の毛が増えることにより、ボリュームが無く、地肌が見えるようになる状態です。

では、薄毛の原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

基本的には、加齢とともに薄毛は進行します。
しかし、若いうちから薄毛が進行する方もいらっしゃいますし、逆に年齢を重ねてもフサフサな方もいらっしゃいます。
その差はどこから来るのでしょうか。

薄毛の原因としては、ホルモンの影響や遺伝的な要素などがよく挙げられています。
また、食生活やストレスといった日常的な要因も挙げられています。
ホルモンの影響や遺伝的要素は、なかなか個人では対応することが困難ですが食生活やストレスについては、ある程度の事は個人で対応することが出来ます。

こういった日常生活の要素は、どちらかと言うと直接的な要因と言うよりは薄毛を加速させる要因になりますの、改善することで薄毛の進行を遅くすることもできると考えられます。

特に若いうちに薄毛が進行する場合には、背後に隠れた病気がある可能性もありますので、市販の育毛剤を使うよりも、原因を明確にするために一度病院で診察してもらうことが良いと思います。


<特選外部リンク>
一度病院で診察してもらうならこちらのAGA治療専門のクリニックのサイトを参考にしてください → AGA治療

Copyright © 2014 薄毛とは All Rights Reserved.